謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

本年の干支は辛丑(かのと・うし)の年となります。

 

 


史学研究や易学などの専門家によると、辛丑(かのと・うし)の年は、その傾向から「前年から続く混乱と危機はあるが、それを乗り越えようとする力強い一歩が期待できる年」とされています。

 

その理由について、十二支の「丑(うし)」と十干の「辛(かのと)」の意味から少し考えていきたいと思います。

 

はじめに、十二支の「丑(うし)」の意味について。

実は、元々十二支に動物の意味はなかったそうです。

 

十干と十二支を組み合わせ、日付を記録したり、12回で循環する月や時刻。方位を指すことにも使われていました。

 

つまり、十二支はあらゆる概念の指標であり、生活においてとても重要なものでした。

そのため、無学な民衆でもこれを覚えて使える様、馴染みの深い動物が割り当てられたそうです。

 

では、丑(うし)は動物でなければ元々どういう意味だったのか?

 

本来は「」という字で、「芽が種子の中に生じてまだ伸びることができない状態」を意味しているそうです。

 

次に、十干の「辛(かのと)」の意味について。

辛(かのと)は「新」という字に通じ、「植物が枯れて新しい世代が生まれようとする状態」という意味があるそうです。

 

十二支の「丑(うし)」と十干の「辛(かのと)」の組み合わせから、冒頭で記した様に、「転換期」と言えるのだそうです。

 

一歩一歩着実に、しかしチャレンジ精神は忘れずに、令和3年もお寺は布教活動に精進して参ります。

 

本年も宜しくお願い致します。

皆さまの御多幸を心より御祈り申し上げます。

 

南無妙法蓮華経