お釈迦さまのご生涯


1.お誕生

今から約2500年前のこと。

 

釈迦族の王さまのご夫人、マーヤさまは子どもを授かりました。

 

ある夜、眠っていると、牙の6本ある白い象が胎内に入ってきたのです。

 

それから10ヶ月が経った頃。

 

出産のために里帰りをする途中、マーヤさまは、沢山の花が咲き誇るルンビニー園でお休みになりました。

 

そこで、花の枝に手を伸ばすと、右の脇から子どもが生まれ出てきました。

 

子どもは、生まれてすぐに7歩あるき、右手で天を、左手で地を指さしながら、「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)※天にも地にもただわれ独り尊し

といわれたと伝えられています。

 

のちのお釈迦さま、釈迦族の王子さまのお誕生です。



2.四門出遊(しもんしゅつゆう)

お誕生から7日後。

マーヤーさまは亡くなられてしまいました。

 

お母さまを失いましたが、王子さまは学問と武芸をしっかりと学び、情け深く、心のやさしい王子さまに成長されました。

 

王子さまの育ったカピラ城には、東西南北に4つの門があります。

 

ある日、王子さまが東の門からお城の外に出ると、老いて衰えた人がいました。そこで、人間が「老いる」ことを知ります。

 

次の日、南の門を出ると、病気で苦しむ人を見て「病む」ことを知ります。

 

その次の日には、西の門を出たところで弔いの列を見て「死ぬ」ことを知りました。

 

「老・病・死」の苦しみがあることを知った王子さまは、お城にもどってからも大変悩まれるのでした。

 

しかし、最後の北の門を出たところで、信じる心を強く持って「生きる」修行者に出会いました。

 

その姿を見た王子さまは、出家をして、人々の苦しみを救うことを決心されます。



3.成道

出家した王子さまは、とても苦しい修行を始めます。

 

夜になるまで片足で立ち続けたり、首まで地面に埋まり続けたり、太陽をずっと見続けたり。いちばん難しい断食も行いました。とても厳しい修行の日々でした。

 

ところが、修行を続けて6年目のこと。王子さまは、苦行を続けることの無意味さに気付くのです。

 

苦行でやせ細った王子さまは、お身体を川で清めました。しかし、お身体はすっかり弱ったままです。

 

そこへスジャーターという娘がやってきて、毎日乳粥を差しあげました。すると、王子さまのお身体に少しずつ力が戻りはじめました。

 

回復した王子さまは、大きな菩提樹の下にお座りになりました。さとりを得るまでは、決して動かないと心に決めながら・・・。

 

そして、7日目の明け方にさとりを得て、「仏陀(ぶっだ)」になられるのです。

 

王子さまは、この時から「お釈迦さま」と呼ばれるようになりました。



4.涅槃

さとりを得たお釈迦さまは、インドの国々を歩いて周り、教えを伝え広げました。

 

中には邪魔をしようとする人もいましたが、お釈迦さまは全く気にしません。ただただ教えを広めていると、多くの人が教えを求めて集まってきました。

 

そうして45年が経った頃。お釈迦さまのお身体の具合が悪くなります。80歳になった時です。

 

お釈迦さまは、最後の旅に出られます。ようやくクシナガラにたどり着くと、シャーラ双樹の下で横にられました。

 

お釈迦さまの最期が近いことを知った信者や、鳥や動物、神さまや仏さままでもが、お釈迦さまに寄り添いました。

「わが亡きあとは、わが教えを守り精進せよ」というお言葉を遺されて、お釈迦さまは、静かに、涅槃にお入りにられました


参考

『松戸のお寺』松戸佛教會