[つぶやき]謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

昨年は家族皆で、ムリをし過ぎたのか体調を崩しバタバタの1年でした。

平成30年はいいかげん(良い加減)を目標にしたい思います(^_^)


さて、本年は戌年。

厳密にいうと、戊戌(つちのえ・いぬ)の年となります。

 

史学研究や易学などの専門家によると、戊戌(つちのえ・いぬ)の年の傾向は、「良いこと、悪いことがはっきり分かれる年」と言われています。

 

その理由について、十二支の「戌(いぬ)」と十干の「戊(つちのえ)」の意味から少しく考えていきたいと思います。

 

はじめに、十二支の「戌(いぬ)」の意味について、

実は、元々十二支に動物の意味はありませんでした。

 

十干と十二支を組み合わせて日付を記録したり、12回で循環する月や時刻。方位を指すことにも使われていました。

 

つまり、十二支はあらゆる概念の指標であり、生活においてとても重要なものでした。

そのため、無学な民衆でもこれを覚えて使える様、馴染みの深い動物が割り当てられたと言われています。

 

では、戌(いぬ)は動物でなければ元々どういう意味だったのか?

 

本来は「滅」という字で、「草木、全ての物が土の中に還っていくような状態」を意味しているそうです。

 

また、戌(いぬ)自体には作物を刃物で刈り取り、ひとまとめに締めくくるというような意味もあるそうです。

 

まとめると、戌(いぬ)は「万物の繁殖がすみ、勢いを収める時」といえます。

 

次に、十干の「戊(つちのえ)」の意味について、

戊(つちのえ)は「茂」という字に通じ、「植物の成長が絶頂期の時」という意味があるそうです。

 

本年はこの「勢いを収める戌(いぬ)」と「成長が絶頂期の戊(つちのえ)」という、物事の端と端の年。

 

よって、「良いこと、悪いことがはっきり分かれ、何かしら大きなことが起こる年」と言われるそうです。

 

草木が再生するために地に還るように、不要なものは切り捨てることで新たなチャンスが得られます。

 

何を取って何を捨てるべきか。

これを明確に定めることが大切ではないでしょうか。

 

平成30年は大きなことが起こると予想されますが、どちらにしても、しっかりと地に足を着け、踏ん張ることが必要になってくると思います。

 

一歩一歩着実に、しかしチャレンジ精神は忘れずに、平成30年もお寺は布教活動に精進して参ります。

 

本年も宜しくお願い致します。

皆さまの御多幸を心より御祈り申し上げます。

 

南無妙法蓮華経