[お知らせ]平成28年新盆総供養会終了

写真館新盆総供養会を更新しました。

 

昨日は当山新盆総供養会に御参詣頂き、お疲れ様でした。

 

開式前にお話ししたように、「盆供養」は御釈迦様の弟子の1人「目連」さんのエピソードに由来します。

※目連さんのエピソードは後日、御盆の時にでも。

 

地域によって様々ですが、この辺りでは8月1日に新盆供養を営まれる事が多いです。

 

当山では3年前より、「新盆総供養会」という形式をとらせて頂いております。

 

 

昨年より、知り合いのお坊さん1名に手伝ってもらっております。

 

写真をご覧になった方は、思ったかもしれません。

 

「ん?お坊さん、2人とも若い、、」と。

 

ハイ。私も彼も30前後、2人合わせても60歳。

 

60歳。多くの方がイメージするであろう住職の年齢はこれぐらいか、もっと上でしょうね(^_^;)

 

 

ですが、御縁あって私も彼も、現在住職という立場。若くしてならではの悩みや、希望を語る仲間。

 

そんな事もあり、お互いのお寺の行事を手伝い合っています。

 

 

当山では、2僧3僧(2人、3人の僧侶で法要を営む事)での法要は、ほとんどありません。

 

その為、昨日御参詣頂いた皆様にとっても、普段の読経とまた違った感じがしたのではないでしょうか?

 

御経が途切れる事無く、声の高さも異なるので、若干ハモってましたしね(笑)

 

 

僧俗一体となり、皆で手を合わせ、御題目を唱え、御供養する事が叶いました。

 

お疲れ様でした。