[つぶやき]鬼子母神様

先日の「節分」にて、ウチのお寺では「鬼は~外っ!」という掛け声はしないと言いました。

 

何故かというと・・・

 ウチのお寺では「鬼子母神(きしもじん)」という、かつて鬼だった守護神様をお祀りしているからです。

 

そのため、「鬼は外」という掛け声はしないのです。

 

さて、「鬼子母神」とはいったいどんな守護神なのでしょう?

 

鬼子母神は多くの子供を産み、育てていました。その数は500人、1000人とも。

 

自分の子供だけを溺愛し、巷に出ては人間の子供をさらって食べてしまっていたのです。

 

お釈迦様はこの悪事を憂いて、鬼子母神が最も愛していた末子を隠してしまいました。

鬼子母神は嘆き悲しみ、お釈迦様の元に来て我が子のことを尋ねました。

 

お釈迦様が「世間の人たちには1人あるいは3人5人しか子供がいない。あなたには多くの子供がいるのですから、1人ぐらい子供がいなくなっても大したことではないでしょう」と告げられたところ、鬼子母神は今まで犯してきた罪に気づき、その罪を償う意味で、「永遠に全ての子供を護ります」とお釈迦様に約束しました。

 

今日お寺でお祀りされている尊像には「天女形」と「鬼形」があります。

 

先記の誓いになぞられ、子供を抱き天女のをした鬼子母神は、安産・子育ての守護神て信仰されるようになりました。

 

さらに鬼子母神は、十人の羅刹女と共に法華経の行者や信者を守護するという誓いが、華経の中に説かれていることから、日蓮宗は他と異なり鬼形(破邪調伏のために憤怒形相をしている)の鬼子母神をお祀りし、日蓮宗の祈祷本尊(鬼形母大善神)広く信仰されています。