御朱印


日蓮宗では「御朱印」「御首題」は明確に区別され、「御朱印」は神社や寺院の名前、御本尊のお名前などを書いたものをいいます。

「御首題」南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)という御題目(おだいもく)を書いたものをいいます。

 

御朱印(神社や寺院宗派限らず)頂戴する→御朱印帳

 

御首題だけを頂戴する→御首題帳【法華経信仰の証】

御朱印
廣龍寺 御首題

本来御朱印帳は「納経帳」とも呼ばれ、写経を奉納した証としてお寺から頂く証明書を指していました。

最近では、参拝した証拠というのが主流になっています。

 

御朱印はスタンプ集めではありません。

神社や寺院の神さま仏さまとご縁が結ばれた証であり、ご自身が積み重ねてきた尊き修行の証でもあります。

どうぞ信仰心を大切に御参拝下さい。

 

廣龍寺では御題目結縁を大切にしたいという想いから、御朱印帳においても基本的に「御首題」を書かせていただきます。

 

住職が対応可能であれば、直接お書きさせていただきます。

恐れ入りますが、対応できない場合は「書置き」とさせていただきます。

ご理解ご承下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

直筆をご希望の方は、事前にご連絡いただければ幸いです。